Windows Server 2008 へアップグレード時、互換性チェックで弾かれる

投稿者: | 2017年6月16日

Windows Server 2003 仮想鯖を 2008 へ アップグレード する際、 Compatibility Report 互換性チェックで身に覚えのない項目で弾かれるので、原因を調べてみると…

Compatibility Report while upgrading to Windows Server 2008

図1. Compatibility Report while upgrading to Windows Server 2008

 

Windows PowerShell 1.0 なんて入れた覚え無いし、なんじゃこりゃと思ったら、どうも最初っから入ってる始末。なのでアンインストーラが用意されていないという素敵な罠。

 

M$ 公式は、山ほどある適用済パッチの中から、これかこれかこれ見付けてアンインストールして、とかもう明らかな不具合処理のやっつけ仕事です。

You cannot upgrade a Windows-based operating system when you have Windows PowerShell 1.0 installed

 

ここでまた素晴らしい先人さまの手法に出会いました。ずばり、「既存のPowerShellバイナリが入ったフォルダ名を変えちゃう!」。たったこれだけでアップグレード完走。 Great!

Easy fix for PowerShell compatibility error on 2003 to 2008 Server upgrade.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA