GL-iNet GL-AR750S Firmware更新後の定番作業

投稿者: | 2020年7月4日

普段はLuCI側しか見ていないのですが、久しぶりにGL-iNet謹製の基本ページを開いてみると、Firmware更新があるようなので、早速適用してみました。GL-iNetルータでは、システムがメーカーのレポジトリをチェックして、更新がリリースされていないかチェックしてくるので非常に便利。もちろん新しいFirmwareのダウンロードから適用まで進めることが出来ます。今回は3.024 -> 3.104へと更新しました。

図1.Updgraded to 3.104

図1.Updgraded to 3.104

但し、更新後いくつか気になったことがあり、以後同様のFirmware更新でも再現されると思われるので、以下にまとめます。

 

1. 自分で後から入れたパッケージは自動で入らない

Firmwareの更新直後、それまでに自分で入れたパッケージは全て未インストール状態にあります。但し、設定などは残っているので大丈夫。抜けてしまったパッケージは、GL-iNet基本ページのPluginを開くと自動で検出され、インストールを促されます。

図2.Customized Installed Plug-ins Before

図2.Customized Installed Plug-ins Before

OKを押すとインストールが始まり、あまり数が多い場合はバックグラウンドで処理が続きますが、ルータとしての基本的な機能は維持されたままなので安心です。慌てて再起動させたりせず、30分ほどそのままにしておきましょう。

図3.Plug-ins 復元インストール中

図3.Plug-ins 復元インストール中

図4.Plug-ins 復元後

図4.Plug-ins 復元後

ちなみに、インストールされているサービスの一覧を得るには、次のようなワンライナーを実行するのだそうです。ちょっと微妙なのと、ここのサービスの状態を取得できないのは痛いです(statusオプションが存在しない)。

さらに、入れたはずの「opensshclient」が復元対象から漏れていたことがありました。ただし、正しく復元される場合もあることから、やはり何らかの形でインストール済パッケージのリスト化は必要かもしれません。

 

 

2. 削除したはずのGuestアクセスが復活してしまう

WiFiのGuestアクセス機能をそのままにしておくのは気持ち悪いので、無効ではなく削除して運用しているのですが、Firmware更新後、Guest用SSIDや、付随するInterface、Firewall Zoneがごっそり復活してしまいます。粛々と削除するのみです。

図5.Wireless Overview Guest SSID削除

図5.Wireless Overview Guest SSID削除

図6.Interfaces Guest Interface削除

図6.Interfaces Guest Interface削除

図7.Firewall Zones guestzone削除

図7.Firewall Zones guestzone削除

 

 

3. 無効化したはずのサービスが復活してしまう

リソースを食いつぶす「gl_tertf」サービスはluci上のSystem -> Startup頁でDIsabledにすると共に、今動いている分もStopボタン押して停めてしまい、、OverviewでLoad Averageが落ち着いていることを確認します。

図8.gl_tertfサービスの無効化と停止

図8.gl_tertfサービスの無効化と停止

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA