GL-iNet GL-AR750S OpenWRTにOpenConnectサーバをインストール

投稿者: | 2020年7月13日

自宅のGL-AR750Sには現在OpenVPNを入れているのですが、速度がイマイチ。OpenWRTには、CiscoのAnyConnect互換のOpenConnectサーバを立てられると散見したので、早速挑戦してみます。実は速度の伸びないOpenVPN代替VPNとして、Wireguardを試しました。ところがこれが繋がったり繋がらなかったりととても微妙で、そのトラブルシューティングにデバッグログ見たかったのですが、それにはソースからコンパイルしないと出力されないらしく、不完全燃焼のまま断念しました。

CiscoのAnyConnectは昔、クライアントとして少し触ったことがある程度ですが、導入に当たりOpenWRTでのわかりやすい解説を見付けたので、ほぼそれに沿って進めます。

パッケージのインストールはLuCI上から「luci-app-ocserv」を選んでインストールすれば、付随する必要なパッケージも同時にインストールされます。DDNSは既に使用しているので省略。

図1.luci-app-ocservパッケージの検索

図1.luci-app-ocservパッケージの検索

図2.luci-app-ocservインストール中

図2.luci-app-ocservインストール中

インストール終了後、ブラウザをリロードすると、Servicesメニュー下にOpenConnect VPNという項目が追加されているはずです。

図3.OpenConnect VPN 設定ページ

図3.OpenConnect VPN 設定ページ

今回の仕様は、Basic認証でVPN接続先をデフォルトルートとし、外向きトラフィックも含め全てVPNトンネルへ通すこととします。設定は基本的にデフォルトのままで、下のDNSにルータのLAN IPアドレスを追加、ルーティングは削除します。

図4.DNS & Routing設定

図4.DNS & Routing設定

設定テンプレートタブでは、以下の項目を変更するのみ。

図5.Edit Template

図5.Edit Template



次にUser Settingsにて、必要なUser IDとパスワードを登録します。パスワードは保存後、下図のように暗号化されてしまうので忘れずに。

図6.User Settings

図6.User Settings

続いてFirewallの設定です。トンネルに使われるサブネット(192.168.100.0/24)が適切に通過出来るよう、/etc/firewall.userの末尾に以下を追加します。

Port Forwarding は、外向きの443番をOpenConnectが待ち受けている4443番へと交換するように設定します。

図7.Port Forwards

図7.Port Forwards

OpenConnectの設定は以上です。System -> Startupから「ocserv」サービスをEnabled かつ Startさせるか、CLIで次のコマンドを実行してサービスを有効・開始させます。

図8.InitScripts

図8.InitScripts

 

 

正しく機能しているか、Anrdoid端末で接続試験してみます。PlayストアからCisco謹製AnyConnectをインストール。新しい接続を作成し、ルータのDDNS名を入れて接続します。その際、サーバ証明書が出自不明なので警告が毎回出ますが続行。ユーザIDとパスワードを入力すると接続します。

図9.AnyConnectアプリ

図9.AnyConnectアプリ

今回はここまで。次回Ubuntuから接続して、スピードテストをOpenVPNの時と比較してみたいと思います。

 

 

参考と鳴謝)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA