MOSFETによるI2Cスレーブ機器への電流供給制御 (3) 量産型設計編

投稿者: | 2020年8月11日

前回、ブレッドボード版環境センサステーションにMOSFETを組み込みました。今回はこの環境センサステーションをユニバーサル基板に移植してコンパクトにしてみます。

まずはこれまでにブレッドボード上に組んだ環境センサステーションの回路図を起こします。

図1.ブレッドボード回路図(MOSFET制御無)

図1.ブレッドボード回路図(MOSFET制御無)

図2.ブレッドボード回路図(MOSFET制御有)

図2.ブレッドボード回路図(MOSFET制御有)

これをユニバーサル基板に載せ直すのですが、出来るだけコンパクトにしたいので、使用するピンも出来るだけ寄せ、MOSFETと抵抗は基板へ直付けとします。

図3.ユニバーサル基板回路図

図3.ユニバーサル基板回路図

完成した基板がこちら。ゲート抵抗は小さくする意味がないので、チップではなく通常の抵抗としました。

図4.基板単体表裏

図4.基板単体表裏

ESP-12Eに搭載するとこのように。ESP-12Eをひっくり返し、四隅のネジ穴にM2.5*10mmの樹脂スペーサを立てて足にしています。そして上を向いたピンヘッダに向かって、今回の基板を挿せば組み立ては終わりです。

図5.ESP-12Eへ基板搭載表裏

図5.ESP-12Eへ基板搭載表裏

従来のブレッドボード版と比べると、格段に小さくなりました。また、安物ブレッドボードに付き物の接触不良からも解消され信頼性も向上することから、現在あちこちで稼働中の環境ステーションを、全てこのユニバーサル基板へ切り替えてゆく予定です。また今後はESP-12Eではなく、ESP-01Sを使った同機能の環境ステーションの開発にも取り組みたいと思います。

図6.ブレッドボード版との比較

図6.ブレッドボード版との比較

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA