Windows 7からアップグレードしたWindows 10に機能アップデートが降って来ない

投稿者: | 2020年12月28日

社内にはWindows 7を10にアップグレードしたPCがまだまだ多く存在します。最近リリースされた Windows 10  2020 October Update ( 20H2 )の適用状況の確認に、そのような古いPCのOSビルド情報を見てみると、随分古いビルドのまま取り残されてしまっているのを見付けたので、調べてみました。

かつてWindows 7から10にアップグレードしたLenovo製デスクトップ機、現在のOSビルドが2004なので、まず手動でWindows Updateで更新の確認するも空振り。

図1.WindowsUpdateにヒット無し

図1.WindowsUpdateにヒット無し

Cドライブを見ると、OSをアップグレードした痕跡が残ったまま(下図中のWindows.oldフォルダ)。

図2.Cドライブに残る古いWindowsフォルダ

図2.Cドライブに残る古いWindowsフォルダ

CドライブのプロパティよりDisk CleanupのClean up system filesを呼び出し、気持ち良くすべて消してしまいます(ちなみにPrevious Windows installation(s)の削除が主目的)。

図3.Clean up system files

図3.Clean up system files

実行中、プロンプトが出ますが「Yes」でそのまま進みます。

図4.システムファイルの削除に対する警告

図4.システムファイルの削除に対する警告

クリーンアップ完了後にCドライブを確認すると、Windows.oldフォルダは消えていました。

図5.Cドライブから消えた古いWindowsフォルダ

図5.Cドライブから消えた古いWindowsフォルダ

この状態でWindows Updateを開くと、バージョン20H2の案内が表示されるようになりました。

図6.Windows Updateに表示されるバージョン20H2

図6.Windows Updateに表示されるバージョン20H2

Download and installをクリックするとアップデートは始まります。20H2はさほど大きくないので、ほどなくプレインストールまで終わり、再起動を促されます。

図7.バージョン20H2適用中

図7.バージョン20H2適用中

再起動後、OSビルド情報でバージョン20H2になったことを確認します。

図8.OSビルド情報の示すバージョン20H2

図8.OSビルド情報の示すバージョン20H2

 
Windows 10へアップグレードしただけで、以後はWindows Updateがアップデートを全て適用してくれるもの、と安心しきって放置していましたが、きちんと更新されているか実機を確認したり、マネージメント機能の有るアンチウィルスツールなどでOSビルド番号をチェックしてみる必要がありそうです。また、PCを再起動してもWindows Updateがクラッシュしていて真っ白画面のままになる場合など、正常なアップデートが見込めない場合には、以前紹介したWindows 10 Update Assistantを使うと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA