アカウント無しで百度Baidu PanからAria2でダウンロード

投稿者: | 2021年9月22日

ごにょごにょ動画からちょっとした製品の仕様書まで、 百度 のオンラインストレージサービス Baidu Pan から ダウンロード したい時はよくありますが、アカウントが必要なのと、謹製ダウンローダが必要になるためいつも諦めていました。これらの要件を回避して、しかも Aria2 で高速に ダウンロード する方法を試してみます。

Baidu Pan

Baidu Panでのダウンロードへは、例えばこのようにリンクとパスワードの対が案内されているのを、特に淘寶やAliexpressなどのショッピングサイトでも見掛けることがあります(下図は以前記事にした、ESP-01S搭載リレーモジュールの淘寶販売ページ)。

図1.淘寶ページに見られるBaidu Panリンク

図1.淘寶ページに見られるBaidu Panリンク

リンクを開いてパスワード入力後、ファイルのダウンロードページへ遷移するのですが、ここでは専用のダウンロードクライアントのインストールと、その先には百度アカウント情報(無ければ新規開設)が求められます。

図2.Baidu Panダウンロードページ

図2.Baidu Panダウンロードページ

今まではここでいつも諦めていたのですが、今回、以下のステップでこれを回避し、アカウントを無くとも直接ダウンロード出来るようにしてみます。

  1. Baidu Panのリンクからダウンロードに必要なリンク取得
  2. マルチコネクション対応ダウンローダで高速ダウンロード

 

KinhDown在线解析

Baidu Panのリンクとパスワードを解析、直接ダウンロードに必要な情報をオンラインで取得できるページがこちら。ページのロードが終わるまでに2回ほどポップアップが出ますが、いずれも「OK」ボタンを押せば閉じます。

図3.KinhDown オンライン解析フォーム

図3.KinhDown オンライン解析フォーム

フォームの2つあるテキストフィールドには、上から順にBaidu Panリンクとパスワードを入力し、CAPTCHAを通過させたらその下にある横長の解析ボタンを押すと、次のようにダウンロードファイルの情報が表示されます。

図4.KinhDown 解析ファイル情報

図4.KinhDown 解析ファイル情報

この一番右にある「下載」(ダウンロード)ボタンを押すと解析結果が得られるのですが、またしてもポップアップが何度となく現れるので、いずれもひたすら「OK」で閉じます(テキストボックスが現れても「OK」をクリックするのみ)。

図5.KinhDown ポップアップたち

図5.KinhDown ポップアップたち

ポップアップをくぐり抜けてたどり着いた解析結果ページでは、次の2つの情報を取得して、手元のテキストファイルにでも保存しておきます。

  • 用戸代理(UA)
    UserAgentのことで、ダウンローダのなりすましに必要。
  • ダウンロードリンク
    最下段左から2番目の「複製下載連接」(ダウンロードリンクをコピー)ボタンを押して、クリップボードにコピー。
図6.KinhDown 解析結果ページ

図6.KinhDown 解析結果ページ

KinhDownオンライン解析サイトでの作業はここまでです。

 

wgetでもダウンロードできるも

Linuxでダウンロードツールとして使い慣れているwgetでも、次のように -U オプションでUserAgentを指定(シングルクォートで囲むこと)することでダウンロード可能です。その際、 -O オプションで出力ファイル名を決め打ちしないと、ダウンロードが始まらないことがありました。

尚、ダウンロードリンク情報はコマンドラインに直接記述しても構いませんが、かなり長い文字列なので適当なテキストファイルに保存してから、 -i オプションでwgetに読ませる形にするとすっきりします。

但し、シングルコネクションのwgetではこのように、完走までに膨大な所要時間が想定されるので、あまり現実的ではありません。

 

aria2インストール

今回も作業はいつものUbuntu 18.04母艦で進めていますが、このPCには以前、Windows 11 開発版ダウンロードにUUP dumpを使った際にAria2をインストール済です。入っていない場合はaptパッケージマネージャから、以下の要領で簡単にインストールすることが出来ます。

 

aria2cでダウンロード

コマンドラインでのダウンロードにはaria2cを使うのですが、オプション体系がwgetに近似しているので、先ずは最低限のオプションでダウンロードしてみます。出力ファイル名は決め打ちしなくとも、良きに計らってくれます。

デフォルトではシングルコネクションなので、 Ctl+C で中断し、マルチコネクション向けのオプションを考察します。

以上を織り込んで、マルチコネクションに挑戦してみると、個々のコネクションは速くはありませんが、16本並列進行させることで高速化できました。尚、先ほど中断したダウンロードのレジュームも効いていました。

始めは良いのですが、時間が経過すると共に、サーバから次のようなエラーを受け取り、コネクション数(CN)がみるみる減ってゆきます。減ったら増えないようなので、残っているコネクションが少ないようなら、Ctl+Cで一度止めて再度実行した方が効率的でしょう。

複数のダウンロードリンクをテキストファイルに貼り付けておいて、aria2cへ -i オプションで渡せば、次のように同時並列処理が始まります。

これもコネクション数がみるみる減ってゆくよう振る舞うので、実際は途中で適宜中断・再開させることで、所要時間を短縮しています。

 

今回、高速ダウンローダとしてのAria2の能力が分かったので、次回は管理用フロントエンドや、Synology NASへのインストールを試してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA