Ubuntu 18.04以降のNautilus右クリックから空のドキュメントを作成するには

投稿者: | 2021年9月2日

Windows同様、 Ubuntu でも Nautilus ファイルマネージャの右クリックで、 空のドキュメント ファイルを作ることが出来ましたが、 Ubuntu 18.04 になった頃から見当たらなくなってしまいました。代わりに様々なファイルを テンプレート と称して登録すれば、右クリックから呼び出せるようになるので設定してみます。

空のドキュメント作成とは

Nautilusファイルマネージャ(a.k.a. GNOME Files)で今開いているフォルダのこの場所に、ファイル名は後で付けるけど、取り敢えずテキストファイルを作り、内容を書き込みたい」

このような用途に任意の場所を右クリックすれば、空のファイルを新規作成出来る機能は、とても便利でよく使っていました。それがUbuntu 18.04 へアップグレードした頃から、この項目が右クリックメニューから消えてしまいました(これはアップグレードのみならず、Ubuntu 18.04を新規インストールした場合でも同様)。

本来ならば、空のドキュメントを新規作成する項目を、「新しいフォルダ」の作成に続いて選べるはずでした。

図1.空ドキュメント作成の項目が無い

図1.空ドキュメント作成の項目が無い

それはちょうどWindowsで、デスクトップやエクスプローラの何もない箇所を右クリックから選べる、「テキストファイルの新規作成」に相当する機能です。

図2.Windows 10の右クリックメニュー例

図2.Windows 10の右クリックメニュー例

geditなどのテキストエディタアプリで新規ファイルを先に書き出すのは良いものの、その保存先を指定するダイアログで階層をたどるのが手間でなりません。

 

Templatesフォルダ

Ubuntu 18.04で仕様が変わったのか、右クリックメニューに新規ファイルを作成する項目を表示するには、ユーザディレクトリのテンプレートフォルダにその雛型となるファイルを作っておく必要があるのだそうです。

この時、Ubuntuを日本語環境でユーザディレクトリのファイル名を日本語にしているか、英語表記にしているかでテンプレートフォルダ名にも、次のような違いがあります(私はターミナルでの日本語入力を極力避けたいので、全て英語表記にしています)。

いずれにしても、Nautilusでテンプレートフォルダまで移動したら、右クリックの「端末で開く(Open Terminal Here)」よりターミナルを開けば、 cd で移動する手間が省けるので確実です。そして空のドキュメントファイルを生成するのは次の要領で。ファイル名がそのままメニューに表示されるので、ここは日本語表記にしてみました。

図3.Templatesフォルダに空ドキュメント作成

図3.Templatesフォルダに空ドキュメント作成

作成後反映させるには、Nautilusを再起動させる必要が有ります。

これは経験則ですが、一発ではNautilusのプロセスを落としきれないことがあるので、何度かNautilusの終了コマンドを発行する癖がついています。プロセスを落とせたら、ターミナルかアプリアイコンをクリックしてNautilusを起動し直すと、右クリックに「空のドキュメント」が現れるようになり、任意の場所で新規テキストファイルを簡単に作れるようになりました。

図4.右クリックメニューから空ドキュメント作成

図4.右クリックメニューから空ドキュメント作成

xdg-user-dirsをチェック

Templatesフォルダに空のドキュメントを生成しても、Nautilusの右クリックメニューに変化が無い場合は、ユーザディレクトリに関する定義のある、設定ファイル ~/.config/user-dirs.dirs を確認してみましょう。特に古いバージョンのUbuntuからアップグレードしたことのあるシステムでは、アップグレードの際に新たに追加された項目が抜け落ちていることがあります(実際以下のように、抜け落ちていました)。

抜け落ちている部分を次のように編集して保存します。

これで正しくテンプレートフォルダを振り向かせることが出来ました。

 

 

参考と鳴謝)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA