Windows 10のプレビュー版更新KB5007253でネットワークプリンタ不具合解消

投稿者: | 2021年11月26日

12月の Windows Update 月例更新のプレビュー版である KB5007253 がリリースされていたので、 Windows Update から手動適用し、win32spl.dllが更新されたのを確認後、 ネットワーク共有プリンタ の エラー も解消されているのを確認しました。

プレビュー版更新 KB5007253

2021年11月22日に、翌月の月例更新のプレビュー版であるKB5007253がリリースされました。

Windows 11ではKB5007262が相当します。

早速Windows 10のWindows Updateから更新を適用してみます。なお、併せてWindows 10 21H2への更新も行いました。

再起動後、更新履歴の「その他の更新プログラム」内に当該更新が正しく適用されていることが記録されています。

図1.Windows Update 更新履歴

図1.Windows Update 更新履歴

コントロールパネル内の「プログラムと機能」でも、インストールされた更新プログラム一覧から今回の更新を確認することが出来ます。

図2.インストールされた更新プログラム

図2.インストールされた更新プログラム

win32spl.dllのバージョンを確認

一連の不具合の原因であるシステムファイル、win32spl.dllのバージョンを確認してみると、更新されていました。

図3.win32spl.dllのプロパティ

図3.win32spl.dllのプロパティ

なお、win32spl.dllが格納されている %WINDIR%\System32\ には大量のシステムファイルが存在するので、その中からエクスプローラで1つのファイルのプロパティを得るのは地味に手間が掛かります。そんな場合、管理者権限で開いたコマンドプロンプトから、次のコマンドでも確認可能です。

さらに翻ってみるとこれはOSビルド番号なので、簡易的にはシステム情報から確認するのが、最も手っ取り早いでしょう。

図4.OSビルド番号

図4.OSビルド番号

ネットワーク共有プリンタのインストールテスト

早速、PC内の登録プリンタ(ドライバを含む)を一度全て消してから、プリントサーバ上に共有されているネットワークプリンタ(図中ではC7771と表記されているが、実際にはFUJIFILM ApeosPort C5570)を追加してみました。

図5.共有プリンタの追加

図5.共有プリンタの追加

他、社内LANに存在する一部のHP製プリンタを含め、全てのネットワーク共有プリンタを問題なく追加、使用出来るようになりました。

 

社内では夏頃から発生し、システムファイルwin32spl.dllを入れ替えたりするまでに長引いた、一連のネットワーク共有プリンタ接続問題をそのバージョン番号の推移で表すとつぎのようになります。

今回のプレビュー版が来月の月例更新にそのまま反映されるのか確証はありませんが、「ようやく正しく対処してくれた」印象はあるので、このまま配布して欲しいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA