IBM System x サーバにおけるSAS HDDの初期化手順

投稿者: | 2021年12月2日

RAIDコントローラ を搭載するサーバ機ではホットスワップ機能により、シャットダウンさせることなく HDD の出し入れが可能ですが、新品ではなく以前別のマシンで使ったことのある HDD と入れ替える場合、 RAIDコントローラ 側が古いRAID情報を認識してしまい、交換時の無用なトラブルに結びつく可能性があります。

これを防ぐために予めフォーマットした HDD を使用するよう心掛けているのですが、今回はLenovo IBM System x3250 M4 (Type.2583)を例に、 RAIDコントローラ の設定ツールを使って SAS HDD を 初期化 する手順をまとめてみました。

初期化に使うサーバ機

初期化には、Lenovo IBM System x3250 M4 (Type.2583)を使います。この機体はIvy Bridge世代のXeon E3-1200ファミリー搭載の1Uラックサーバで、

図01.Lenovo IBM System x3250 M4に挿したSASドライブ

図01.Lenovo IBM System x3250 M4に挿したSASドライブ

搭載されているLSI ServeRAID H1110 SAS/SATA Controllerにより、ハードウェアRAIDがサポートされています。

 

System x Server Firmwareをスルー

初期化したいSASデバイスをスロットに挿した状態でサーバの電源を投入し、System x Server Firmware (BIOS)が初期化の後に次のような画面になりますが、BIOSには入らずスルーします。

図02.System x Server Firmware

図02.System x Server Firmware

ブートシーケンスの途中で、LSI ServeRAIDから次のようなメッセージをみたら、即「Ctrl-C」を連打してLSI Config Utilityを呼び出します。

図03.Ctrl-C押下を促すメッセージ

図03.Ctrl-C押下を促すメッセージ

LSI Config Utilityでフォーマット

LSI Config Utilityに入るとまず、認識されたRAIDコントローラがリストアップされるので、Enter押下して進みます。

図04.LSI Util - Adapter List

図04.LSI Util – Adapter List

アダプタのプロパティが現れるので、その下の項目でハイライトされている「RAID Properties」でEnter押下。

図05.LSI Util - Adapter Properties

図05.LSI Util – Adapter Properties

SASドライブは1つしか挿入していないので、RAIDプロパティ画面では、コントローラの下にSASドライブが1つぶら下がっているのみ。そのドライブを選択して「Alt+D」押下してデバイスプロパティへ進みます。

図06.LSI Util - RAID Properties

図06.LSI Util – RAID Properties

デバイスのプロパティでは、今回初期化するために挿したSASドライブの情報が表示されるので、その下にある「Format」を選んでEnter押下(今回はを使用)。

図07.LSI Util - Device Properties

図07.LSI Util – Device Properties

さらに次のデバイスフォーマット画面で「F」キー押下すれば、ドライブのフォーマットが始まります。

図08.LSI Util - Press F to Format

図08.LSI Util – Press F to Format

容量146GBの6Gb SASドライブでは、およそ15分程度でフォーマット完了しました。

図09.LSI Util - Formatting

図09.LSI Util – Formatting

図10.LSI Util - Format Completed

図10.LSI Util – Format Completed

以上で作業完了なので、ESCキーを押してLSI Config Utilityを抜け出して再起動するか、もうそのままサーバの電源ボタン押下でハードシャットダウンさせても良いでしょう。

図11.LSI Util - Exit

図11.LSI Util – Exit

こうして初期化したSASディスクを次回、ディスク障害によりRAID1が降格したサーバへ、システムをシャットダウンさせることなく、ホットスワップで入れ替えてみます。

図12.146GB SAS Drive

図12.146GB SAS Drive

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA