Aliexpressで激安中華無印SSD購入顛末記

公開 | 更新 
図01.エアクッション封筒で到着

中華通販サイト Aliexpress で売られている 激安 SSD がネットで話題なので、試しに買ってみて中身を確認したり容量チェックしてみたら、あらら…という顛末記です。

購入概要

Aliexpressで売られているヘンテコなブランド名のSSDよりもさらに安かったので、思わず2基購入したのは見た目が某社デザインもロゴや固有名詞の類が全く無いこちらのSSDです。

図01.エアクッション封筒で到着

図01.エアクッション封筒で到着

購入価格は2基で計USD54.07で、購入から9日程度とAliexpressにしては圧倒的な速さで届きました(しかも送料無料)。

商品は、紙箱とブリスターパックという簡素な包装です。

図02.ブリスターパックに入ったSSD

図02.ブリスターパックに入ったSSD

ハードウェア確認

本体裏面のラベルを確認してもブランド名の類は無いほか、2基とも同じシリアル番号でした。

図03.SSD本体裏面ラベル

図03.SSD本体裏面ラベル

裏面外周の溝にヘラを当てると簡単に本体を割ることができます。

図04.SSD筐体を開く

図04.SSD筐体を開く

メモリチップのロゴは、どこか見覚えのある大手ロゴに似せていますが、

図05.SSD基板表裏

図05.SSD基板表裏

コントローラチップは、表面が削られていて型番などは一切確認不能でした。

図06.コントローラ改ざん形跡

図06.コントローラ改ざん形跡

SSD基本情報確認

Windows 10 PCのSATAポートに挿すと、 SSD 2TB という名前で認識されました。

図07.SSD 2TBのプロパティ

図07.SSD 2TBのプロパティ

NTFSでフォーマットした後、CrystalDiskInfoでディスクの情報を確認してみます。

図08.CrystalDiskInfo 1基目

図08.CrystalDiskInfo 1基目

さすがに2基のSSDの Serial Number は、ここでは異なるものでした。

図09.CrystalDiskInfo 2基目

図09.CrystalDiskInfo 2基目

CrystalDiskMarkの計測結果は、SATA-IIIの標準的な500MB/sと言う速さの目安に対し、特に読み取り速度が芳しくない傾向にありました(2基共)。

図10.CrystalDiskMark結果

図10.CrystalDiskMark結果

容量チェックツールH2testwの入手

容量偽装チェックツールのH2testwを、ドイツのソフトウェアダウンロードサイトからダウンロードします。

図11.H2testwダウンロードページ

図11.H2testwダウンロードページ

ダウンロードリンクボタンのページでは、広告に惑わされないように注意。

図12.H2testwダウンロードリンク

図12.H2testwダウンロードリンク

このページが表示されればダウンロードが始まります(始まらない場合は、 h2testw_1.4.zip のリンクを直接クリック)。

図13.H2testwダウンロード中

図13.H2testwダウンロード中

H2testwによるチェック結果

ダウンロードしたzipの中にある h2testw.exe を実行し、チェックしたいSSDのドライブを選択したら、 Write + Verify ボタンを押してチェックを始めます。

このチェックツールは容量一杯までバイナリデータを書き込み続けるので、のんびり待つつもりが意外にも1時間も経たないうちに異常終了。

16GBまで書き込んだところで、SSDドライブは使用不能になり、再フォーマットもできない状態に。

図14.H2testw実行結果 1基目

図14.H2testw実行結果 1基目

同じ要領でもう1基もチェックしてみると、こちらは52GBまで書いたところで同じく使用不能になりました。

図15.H2testw実行結果 2基目

図15.H2testw実行結果 2基目

Windows 10のイベントビューアは、ディスク関連エラーエントリで溢れていました。

図16.ディスク関連エラー群

図16.ディスク関連エラー群

Aliexpressに返金請求

Aliexpressサイトをもう一度開くも、商品ページはおろか、出品者の店舗ページも既に無くなっていました。

それでも注文履歴から英文で理由と上述のH2testw結果のスクリーンショットを添付して、払い戻し請求を送ったところ、Aliexpress自身の介入が始まる前日になって出品者から全額払い戻し承諾との結果受けました。

図17.Aliexpress払い戻しの詳細

図17.Aliexpress払い戻しの詳細

払い戻し請求から解決までのタイムラインは次の通り。

図18.Aliexpress払い戻しの履歴

図18.Aliexpress払い戻しの履歴

その後、決済に使用したクレジットカードの履歴を確認すると、確かにUSD建てで全額返金されていましたが、カードはHKDベースなので微妙な為替差損が発生していますね。

図19.クレジットカード履歴

図19.クレジットカード履歴

他の皆さんの事例などからこういう結果になるのは半分分かっていたのですが、近年は運営側のクレーム対応が比較的しっかりしているので、利用者にとっては有り難いことです。

 

created by Rinker
¥815 (2024/03/04 06:23:07時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA