TwitterのTLに激増したPromoted Tweetを消すFirefox, Chrome拡張

公開 | 更新 
図4.Better Twitterアドオン設定

サードパーティクライアントが排除された Twitter の閲覧に ブラウザ を使うようにするも、最近は Promoted Tweet 乱発にうんざり。そこでFirefox, Chrome各ブラウザの拡張機能で、こうした広告ツイートを消せるのか試してみました。

ブラウザをクライアントに

これまで、UbuntuデスクトップでのTwitterクライアントには、Cawbird(関連記事はこちら)を愛用していましたが、サードパーティクライアントがご禁制となってからは、ブラウザを縦長ウィンドウ表示にしてクライアントアプリっぽく使っています。

図1.Firefoxを縦長にしてTwitter表示

図1.Firefoxを縦長にしてTwitter表示

さらに、タブ単位でページを定期的に再読込することのできる、Auto Reload Tab拡張で自動更新するようにしておけば、タイムラインを追うに十分。

ただ、使っているうちに度々現れるPromoted Tweetが目障りに感じるように(サードパーティクライアントでは、アプリが良きに計らってくれていました)。

 

Chrome拡張 : Twitter Ad Blocker

まずChrome向けに見つけたのは、このHide Twitter Ads (Twitter Ad Blocker)拡張です。

Chromeウェブストアからインストールするだけで必要な設定もなく、Twitterを開けば広告ツイートは現れなくなります。

図2.Chrome向けHide Twitter Ads拡張

図2.Chrome向けHide Twitter Ads拡張

Firefox拡張 : Better Twitter

Firefox向けでは、このBetter Twitterアドオンを使ってみることにします。

こちらもアドオンページからインストールするだけで、Twitterタイムライン上の広告ツイートは消えました。

図3.Firefox向けBetter Twitterアドオン

図3.Firefox向けBetter Twitterアドオン

設定タブを確認すると、デフォルトでフォロー・フォロワ数やRT、リプライ数までもが非表示になっているので、これはアンチェックに戻しました。それ以外には、リツイートやトレンドなども非表示にすることができます。

図4.Better Twitterアドオン設定

図4.Better Twitterアドオン設定

図5.Better Twitterアドオン権限

図5.Better Twitterアドオン権限

なお、検索すると他にも似たようなアドオンが見つかると思います。その中には無料を謳いながら機能によっては課金が必要になるのもあるので、レビューも良く確認してから導入するのが無難です。

 

モバイル版ブラウザは?

以上はPC版ブラウザでの話であり、そもそもモバイル版ブラウザは拡張機能に対応していないことがほとんど。

ChromiumベースのKiwi BrowserがChrome拡張をサポートしているようですが、今回は手を出さずに踏みとどまることとします。

 

created by Rinker
¥110 (2024/02/26 12:12:55時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA