トヨタAZR60Gノアのリモコンキーの電池交換

公開 | 更新 

走行距離10万kmを超えた平成16年式(2004年) トヨタ AZR60G ノア のドア開閉に便利な リモコンキー が使えなくなっていたので、中の 電池 を自分で 交換 しました。

H16年式トヨタ ノア AZR60G

製造から20年近く経つトヨタ AZR60G ノアを日本に置いていて、帰省の度に乗っています。

コロナ禍でずっと日本へ帰れなかった間も、甥っ子たちが乗ってくれていました。

久しぶりに日本へ帰ってみると、ドアにキーを挿してアンロックしており、リモコンキーが使えないことを告げられました。おそらく電池切れでしょう。

 

リモコンキーの電池交換

リモコンキーは、てっぺんの凹部をこじるとカバーが表裏に割ることができます。

図1.リモコンキー側面凹部

図1.リモコンキー側面凹部

トヨタロゴのあるフタが外れると、中のリモコンユニットが顔を出します。

図2.アウタを分解

図2.アウタを分解

このユニット(下図中)はキー筐体(同左)にハマっているだけなので、これを取り出します。

図3.内部ユニットを取り出す

図3.内部ユニットを取り出す

ユニット側面の凹部(下図赤枠部)をこじって開くとリチウム電池CR2016が出て来るので、これを新品と交換。

図4.内部ユニットを開く

図4.内部ユニットを開く

あとは元通り組み立てるだけ。リモコン機能が復活しました。

図5.リモコンキー電池交換成功

図5.リモコンキー電池交換成功

特に自動車の知識が無くても簡単にできる交換作業も、ディーラーへ持ち込むと数千円は取られるとも聞くので、これぐらいは自分でこなしたいですね。

 

created by Rinker
¥143 (2024/04/19 11:32:50時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA