Synology NAS DS212J/213JのFAN換装

図1.ファン比較

自宅で使い始めて7年経過したSynology製NAS、DS212J、DS213Jのケースファンが時々意図せず停止してしまうようなので、暑い季節になる前に交換してみました。

Synologyの2−Bayモデルに使われているファンを調べてみると、こちらの素晴らしい考察記事を見付けました。

https://www.mobile01.com/topicdetail.php?f=494&t=4566031

記事中下方にある原廠規格表によると、使われいるファンは元山科技製FD129225LL-Nだが、耐久性や風量増加を期待するならば、FD129225LBと言う選択肢が良さそうです。早速、淘寶で1基25元でポチっと。因みにLLN-Nでも同じ値段。

図1.ファン比較
図1.ファン比較

図1の左が今回購入したLBファン、右がNASから外したLL-Nファンで、両者の間に物理的互換性が有ることを確認。

図2.ファン換装前
図2.ファン換装前

ファン取り付け状態を確認します。コネクタ形状、リード線長共に問題無く取り付け出来そうです。

図3.ファン換装後
図3.ファン換装後

以上でDS213Jの換装が終わりました。212Jも同様なのですが、こちらはファンの取付方法がネジではなく、ゴムピボットだったりと微妙に面倒で、結局筐体左右双方外す必要があります。この過程で劣化していた前面電源スイッチを損傷してしまいました。電源はなんとか入れられますが、内蔵のLEDはダメですね。

図4.電源スイッチ劣化
図4.電源スイッチ劣化

こちらの掲示板によると、同じくスイッチ破損した人は淘寶で部品を見付けて交換していますね。のんびり探してみたいと思います。

図5.作業完了
図5.作業完了

これでNAS 2基のファン交換は終わりです。筐体に溜まっていたゴミもきれいに掃除したので、付近に手をかざすと風を感じることが出来る程の風量になりました。騒音も特に変化なく、静かなものです。

投稿者: ServerCan

香港在住の日本人技術者です。技適が無いのでのびのび創作しています。 twitter: @ryan_j23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA