Raspberry PiとI2C接続された環境センサBME280の冗長化運用

Raspberry Piに環境センサBME280をI2Cバスで接続して実現する環境モニタをいくつか運用しているのですが、その中の1つがセンサ不良で取得不能になることがあります(母艦は特に問題無い)。すぐに素子交換出来るような場所ではない場合、これが致命的な欠陥に直結することから、環境センサの冗長化を考えます。 “Raspberry PiとI2C接続された環境センサBME280の冗長化運用” の続きを読む