WhatsAppデータのローカルバックアップを用いたAndroid端末間移行

投稿者: | 2021年9月28日

スマホの機種変更時に面倒なのが、 WhatsApp やLINE、WeChatと言ったプッシュ型のSNSデータ移行。それでも近年はGoogleドライブへの履歴 バックアップ をサポートするSNSも増えてきました。 WhatsApp の場合の バックアップ と 復元 手順をGoogleドライブ経由の他、データファイルを直接移した場合についてまとめました。

バックアップ設定

WhatsAppのバックアップ機能は、「設定」の「チャットバックアップ」内にあります。

図1.設定からチャットバックアップへ

図1.設定からチャットバックアップへ

端末の内部ストレージへのバックアップの他、Googleアカウントを登録してあれば、そのアカウントのドライブへもバックアップすることができます。そしてバックアップは都度実行の他、定期的に実行するよう、スケジューリングしておくことが出来ます。

図2.チャットバックアップ実行

図2.チャットバックアップ実行

Googleドライブ上では、ファイルやフォルダとして見えるのではなく、連携アプリとして登録されていることが分かるのみです。LINEも同じ一覧にいますがこちらは使用量が明示されています。

図3.Googleドライブから見たアプリバックアップ

図3.Googleドライブから見たアプリバックアップ

Googleドライブからの復元

WhatsAppデータをバックアップから復元出来るのは、アプリインストール後の初回起動時に現れる、初期設定ウィザードのみ。

図4.初期設定中のバックアップ復元

図4.初期設定中のバックアップ復元

メッセージの復元はウィザード内で完了しますが、画像などメディア系はバックグラウンドで進行します。

図5.メディアを復元中

図5.メディアを復元中

ローカルバックアップの構成

Googleドライブへアップロードされる前に、ユーザデータ領域である内部ストレージに生成されるローカルバックアップは、Android端末の以下の見つけやすい場所に保存されています。

上記のように内部ストレージ直下にいない場合、次の場所にいたことも実際にありました。

どちらの場所にあっても、WhatsAppフォルダ以下の構成に違いは無く、次のような構成になっています。

上から順にサブフォルダを追ってみると(隠しフォルダは除く)、まず Backups にはアカウントやチャットの設定が保存されているようです。

次の Databases がテキストベースのチャット履歴が入ったデータベースで、現行の他に過去数世代分が保持されています。実際にWhatsApp公式FAQにも、この過去のデータベースファイルをリネームして復元する方法が載っていました。

最後の Media 以下がチャット内の画像(Images)、動画(Video)、音声メッセージ(Voice Notes)などが保存されている場所で、このうち音声メッセージはさらに細かいサブフォルダの細分化されています。

 

ローカルバックアップからの復元

移行先の端末にこの WhatsApp フォルダごと直接コピーしてしまえば、WhatsAppアプリインストール後の初回起動で認識されるので、Googleドライブ経由よりも速い復元が見込めます。

先ず、Ubuntu 18.04母艦にAndroid端末をUSBケーブルで繋ぎ、adb pushコマンドを使って、日頃rsyncで同期しているバックアップを転送してみます。フォルダを再帰的に転送する方法は、こちらを参考にさせて頂きました(Great Tnx!!)。空のフォルダは転送されないのは仕様です。

USBケーブルを外してWhatsAppアプリをインストールの後、初期設定ウィザードが内部ストレージに転送したローカルバックアップを見つけるので、これを使い復元。端末内で読み込むだけなので、バックグラウンドで進行するタスクも無く完了します。

図6.内部ストレージから復元

図6.内部ストレージから復元

 

WhatsAppのローカルバックアップは内部ストレージに生成されるため、ユーザサイドからrsyncによりNASやPCへ簡単に同期させることができ、バックアップや復元がしやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA