Windowsのスタートメニューからシャットダウンボタンを非表示にするには

投稿者: | 2022年2月27日

明日からのWFHテレワークに臨む同僚から「 スタートメニュー から シャットダウン ボタン を消せないか」と相談されました。社内PCのリモートアクセス時に誤って押してしまったら、出社しない限り操作出来ないのが不安なのだとか。 レジストリ を変更して スタートメニュー の ボタン を 非表示 にする方法を調べてみました。

Windows 10の場合

まず試してみるのはWindows 10 (21H2)です。試してはいませんが、おそらくこれ以前のWindows 7辺りでも編集するレジストリのパスは同じだと思います。

図01.Windows 10 バージョン情報

図01.Windows 10 バージョン情報

通常、スタートメニューの中にある電源ボタンを押すと、その上に関連する操作項目が次のように現れるわけですが、特にタブレットやスマートフォンから縮小表示でリモート操作していると、再起動を押すつもりがシャットダウンに触れてしまった、と言う事態になりそうで心配なのだそうです。

図02.Windows 10 シャットダウンボタンあり

図02.Windows 10 シャットダウンボタンあり

昨今のコロナ禍では万が一オフィスが強制閉鎖になると次いつ出社出来るか分からず、一方で日締めの処理を今日中に実行しなくてはならない職種では、地味ですが確かに心配になるのも頷けます。

そこでスタートメニューの電源ボタン項目からこのシャットダウンを非表示にするのに、通常はグループポリシーを設定するのですが、今回はもっと直接的に当該レジストリを編集することにします。

スタートメニューを開いた状態で「regedit」と打つと(打ってる途中で)、次のようにレジストリエディタが出てくるので、「管理者として実行」をクリックします。

図03.Windows 10 レジストリエディタを見つける

図03.Windows 10 レジストリエディタを見つける

レジストリエディタ上で次のパスを辿り、その中にある HideShutDown の値を から 1 にします。

図04.HideShutdown値のデータを編集

図04.HideShutdown値のデータを編集

設定変更は即反映され、希望通りシャットダウンボタンが消えました。値を  に戻せば非表示が無効となり、ボタンは表示されます。

図05.Windows 10 シャットダウンボタンなし

図05.Windows 10 シャットダウンボタンなし

さらに図04中のさまざまな項目の中にある HideSleep1 にしてみると、スリープボタンが消えます。普段、再起動やシャットダウンを押すつもりがスリープボタンを押してしまった、という経験の方が多いので、個人的にはこちらの方が便利そうでした。

 

Windows 11の場合

次にWindows 11で検証してみるのですが、こちらは以前セットアップしたプレビュー版を使用しますが、おそらく正式版でも同じでしょう。

図06.Windows 11 バージョン情報

図06.Windows 11 バージョン情報

スタートメニューの右下にある電源ボタンを押すと出てくる項目は、次のようにWindows 10と同じです。

図07.Windows 11 シャットダウンボタンあり

図07.Windows 11 シャットダウンボタンあり

こちらもスタートメニューを開いた状態で「regedit」と打つとその途中で、次のようにレジストリエディタが出てくるので、「管理者として実行」を選択します。

図08.Windows 11 レジストリエディタ

図08.Windows 11 レジストリエディタ

レジストリエディタ上で先ほどWindows 10で編集したパスを辿ろうとしますが、全く様子が異なりました。

図09.Windows 10と同じパスにはキーは無い

図09.Windows 10と同じパスにはキーは無い

Windows 11では少し異なる次のパスを辿って、その中にある value の値を から 1 へ変更します。

図10.HideShutdownキーのvalue値データを編集

図10.HideShutdownキーのvalue値データを編集

こちらでも設定はすぐに反映され、シャットダウンボタンが消えました。また、上図では他にもさまざまなキーが用意されていて、 HideSleep キーを同じ要領で非表示にすることも可能です。

図11.Windows 11 シャットダウンボタンなし

図11.Windows 11 シャットダウンボタンなし

 

以上の小技を同僚に伝えたところ、誤ってシャットダウンしてもリモート起動出来る仕組みがあれば、と言う希望を受けました。PCのリモート起動は市販のPCIeカードを試してみたこともありましたが、社内では最近スリムPCが主流なので拡張性は望めないことから、比較的現実的なWake-On-LANを考えているところです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA