Nautilus によく使うScriptを登録して一発起動一括操作

投稿者: | 2020年6月4日

仕事でもお家でも普段はUbuntu使うようになって十年ほど。段々、ターミナルからシェルで済んでしまう操作も増えてきました。

それでも、ディレクトリーツリーを渡り歩くのはGUIの方が速いわけで、ファイルの一括処理など、ファイルマネージャーNautilus上でシェルコマンド実行するようなこと出来ないかな、思って使い始めたのが、FileManager-Actionです。以前はNautilus-Actionと言う名前だったような気がするのですが、調べてみるとなるほど名前変わったようです。まだ入っていなければ、先人さまに従い(Great Tnx!!)、PPA追加の上、まずインストールしましょう(Ubuntu 18.04LTS)。

これでメニューなどから、FileManager Actionsと打つとアプリが出てきます。

仕事場UbuntuはもうLTSを何度かアップグレードしてきているので、このFileManager Actionsと、Nautilus Actionsアプリが共存しています。作成したActionはどちらも同じものを見ているようなので、実害は無いものの、気持ち悪いのでいずれ綺麗にしますかね。

図1.2つのActionsTool

図1.2つのActionsTool

登録するActionで使える引数はこんなにあります。これだけあれば欲しい要素は大概得られることでしょう。

図2引数凡例

図2引数凡例

Actionの登録中はこまめにセーブして挙動を確認。設定変えたのに反映されないなど、おかしいと思ったら、そのActionは一度削除して、新規作成するのが確実です。そのためにも、出来上がったActionはExport機能でバックアップしておいた方が良いと思います。

こうして出来上がったActionはNautilusの右クリックで出現するコンテキストメニューに現れます。

図3.コンテキストメニュー

図3.コンテキストメニュー

 

 

それでは実際に使っているActionを以下にまとめると共に、今後もここへ適宜追加したいと思います。

 

1. 画像やPDFのメタデータ消去

撮影情報などが含まれる画像のexifデータや、オフィス複合機でPDFを印刷する際に記録されるメタデータは、exiftoolできれいさっぱり消去することが出来ます。インストールはこのように。

Actionの仕込みは以下の通り。コマンドのパラメータ項がキモで、Basenamesタブで適用したいファイル拡張子を指定します。デジカメから持ってきた画像などでは、ファイル名・拡張子が大文字の場合があるので、Match caseのチェックを外しておいた方が良いでしょう。

図4.Remove Exif

図4.Remove Exif

 

2. PDFをページ毎のPNG画像へ変換

スマホアプリでよくある変換モノ、ImageMagickのconvertコマンドで、PDFが複数のページから構成される場合は、末尾に連番の付与されたファイル名の画像が出力されます。ImageMagickがまだ入っていない場合はまずインストールから。

Actionの仕込みは、exiftoolの時とほぼ同じ。コマンドパラメータの「-density」は解像度を意味し、好みですがあまり低いと判読出来ません。また、見た目が白背景のPDFでも実は透過が掛かっていることがあるので、「-alpha off」で透過を無効にします。

図5.PDF to PNG

図5.PDF to PNG

 

3. 複数画像の結合(縦方向・横方向)

これもconvertコマンドのappendオプションで出来てしまいます。Action登録時、コマンドパラメータを「+append」とすると横方向、「-append」とすると縦方向の画像連結です。画像の結合と言うからには、選択されるファイルは複数であるはずなので、想定外の操作を防ぐ意味で、Environmentタブにある選択オブジェクト数を「1より多い」にしておきましょう。

図6.Append Image

図6.Append Image

 

4. ディレクトリ・ファイル一覧のツリー表示出力

ターミナルでよく使うtreeコマンドをNautilus上で呼べるようにして、選んだフォルダのツリー構造のファイル一覧をテキストファイルとして生成するものです。Actionの登録は単純ですが、選択対象がフォルダである場合にのみ有効としたいので、Mimetypesタブで「inode/directory」のマッチ条件を設定しておきます。

図7.Gen Tree Text File

図7.Gen Tree Text File

 

 

今回はここまで。また何か思いついたら、このページへ追記してゆく予定です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA