Cisco WLC CT2504へ新しいインターフェイスを設定してAPを異動させる

投稿者: | 2022年6月7日

オフィスのフロア毎にサブネットを切っているネットワーク環境において、各サブネットのWiFiを Cisco WLC CT2504 のポートに繋ぎ、SSIDもグループを分けて運用しています。今回、導入時にベンダーが構築してくれた 設定 に習いながら、空いているポートへインターフェイスを設定し、別グループにいる APを 異動 させてみます。

ネットワーク概要

Cisco WLC CT2504の4つのEthernetポートを管理用の他、2つのサブネットへ割当てて運用してきました。あと1つ余っているポートを新たに別のサブネットへ割当て、既存のAP(Cisco Aironet 3702)を異動して使おうというのが、今回の作業内容です。

図01.CT2504によるWiFiネットワーク構成

図01.CT2504によるWiFiネットワーク構成

Cisco CT2504コントローラの現状でのサマリーとインベントリは以下の通りで、ライセンス上、最大8機のAPをぶら下げることが可能です。

図02.CT2504 サマリー

図02.CT2504 サマリー

図03.CT2504 インベントリ

図03.CT2504 インベントリ

今回の作業は、おおよそ次のような流れで進めます。

  1. ポートにインターフェイスを作成。
  2. 新たにSSIDを作成。
  3. 新しいAPグループを作成し、インターフェイスとSSIDを紐づける。
  4. 他グループよりAPを1つ異動させる。

 

1. インターフェイスとポートの設定

CONTROLLER タブの Interfaces ページで現在設定されているインターフェイスの一覧を確認することが出来ます。

図04.インターフェイス一覧

図04.インターフェイス一覧

右上の New ボタンをクリックして、適当な名前を入力すると

図05.新規インターフェイス作成

図05.新規インターフェイス作成

新しいインターフェイスの設定フォームに移るので、ポート番号欄は空いているポート番号の4番を指定し、基本的なネットワーク情報を入力したら、ここでDHCPサーバアドレスも忘れずに指定しておきます。

図06.インターフェイスの編集

図06.インターフェイスの編集

Apply ボタンを押せば、作成したインターフェイスが先ほどの一覧へ追加されます。

図07.一覧へ反映された新規インターフェイス

図07.一覧へ反映された新規インターフェイス

 

CT2504の備える4つのポートのうち、3, 4番はPoEに対応しています。

図08.ポート一覧

図08.ポート一覧

今回使うポートの接続先にPoE対応のネットワークスイッチは無いので、念の為にPoEを無効にしておきます。

図09.ポート設定でPoE無効に

図09.ポート設定でPoE無効に

 

2. WLAN SSIDを作成

WLANs タブをクリックすると、現在保有するWLAN(SSID)の一覧を見ることが出来ます。

図10.WLAN一覧

図10.WLAN一覧

これもインターフェイス同様、右上のプルダウンが Create New の状態で Go ボタンを押して、WLAN名とSSID名を入力し、

図11.新規WLAN作成

図11.新規WLAN作成

新しいWLANの設定ページに入ります。既存のWLAN設定を参考に、まず General タブでは有効状態とした上で、先ほど作ったインターフェイスと紐付け、NAS-ID欄へコントローラのNAS-IDを貼り付けておきました。

図12.WLANの編集 一般設定

図12.WLANの編集 一般設定

続いて Security タブでは、認証鍵管理の手法をPSKのみとして、 PSK Format 欄にWiFi認証のパスフレーズを入力します。

図13.WLANの編集 セキュリティ

図13.WLANの編集 セキュリティ

最後にAdvancedタブで、2.4GHz帯へアクセスしてきたクライアントをAP側から5GHz帯へ促す、バンドセレクト(バンドステアリング)機能を有効にします。

図13.1.WLANの編集 詳細

図13.1.WLANの編集 詳細

設定を終えて Apply ボタンを押せば、作成したWLANが先ほどの一覧へ追加されます。

図14.一覧へ反映された新規WLAN

図14.一覧へ反映された新規WLAN

 

作業もここで半ば過ぎ。次ページではAPグループを作って実際に稼働中のAPを異動させてます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA