Ubuntu 22.04へAnyDeskのレポジトリを行儀よく登録するには

公開 | 更新 

TeamViewerと並んで人気のリモートアクセスソフト、 AnyDesk を様々なPCへ導入する中で、 Ubuntu / Debian向けの公式 レポジトリ を Ubuntu 22.04 へ登録する正しい手順が、公式サイトの解説通りに進めると警告を受けるので、正しい手順を調べてみました。

Ubuntu 18.04へのAnyDeskレポジトリ登録

UbuntuへのリモートアクセスソフトAnyDeskをインストールする方法として、公式サイトからdebパッケージをダウンロードする他に、他のアプリケーション同様にレポジトリを登録し、パッケージマネージャからインストールするも用意されており、後者の場合はアップデートがリリースされるとaptで更新できるので便利。

その手順は公式サイトに解説されているので、以前debからAnyDeskをインストールしたUbuntu 18.04デスクトップ機に、AnyDeskのレポジトリを登録してみます。

パッケージマネージャを更新してみると、早速新しいバージョンがヒット、そのままアップデートしました。Windows版など他プラットフォームではver.7系も、Linux版はまだ古いメジャーバージョンから抜け出せないようです。

 

ちなみにこのPCは、リモート操作される側になることがあるので、 無人アクセス(Unattended Access)を許可する にチェックを入れ、パスワードを設定して待受状態にしています(デフォルトでは非許可)。

図1.AnyDesk 無人アクセスの許可

図1.AnyDesk 無人アクセスの許可

また、ローカルネットワーク上にある他のAnyDesk登録PCを検索する・される機能が、デフォルトで次のように有効になっているのが気持ち悪いので、検索しない・されないようチェックボックスの状態を変更しています。

図2.AnyDesk 検索機能デフォルト状態

図2.AnyDesk 検索機能デフォルト状態

Ubuntu 22.04へのAnyDeskレポジトリ登録

以前、Ubuntu 18.04から22.04へアップグレードした際に遭遇したように、Ubuntu 22.04ではapt-keyコマンドがdeprecateで非推奨扱いになってしまいました。

こうしたシステムへレポジトリを行儀よく登録する方法につき、こちらの記事の内容を参考に実際に試してみました(Great Tnx!!)。

その中で公開鍵を格納するパスに /usr/share/keyrings/ という場所が使われているので、実行前に確認してみると既にBalena EtcherやTeam Viewer、Ubuntu関連の公開鍵が既に収められていました。

あとは格納した公開鍵の場所を指定しながら、レポジトリファイルを記述するだけです。

このPCにはまだAnyDeskが入っていないので、パッケージマネージャからインストールします。

 

余談)Mac Pro Mid 2010 High Sierraへインストール

RustDeskの時はmacOSのバージョンの要件未達から、macOS High SierraなMac Pro Mid 2010(関連記事はこちら)へインストールは叶いませんでしたが、AnyDeskは10.12 Sierra以降の対応とあるのでセーフ。

サイトからダウンロードしたdmgファイルからのインストールはまず、macOS側のプライバシー設定でAnyDeskにリモート操作を許可するところから。

図3.AnyDeskへのリモート操作を許可

図3.AnyDeskへのリモート操作を許可

それ以外は特に何事もなく、インストールは終わります。古いOSながらmacOS版のAnyDeskは、現行のver.7系に対応していました。

図4.AnyDesk for macOS バージョン情報

図4.AnyDesk for macOS バージョン情報

こちらもデフォルトでは無人アクセスが有効になっていないので、チェックを入れ、パスワードを設定します(設定したパスワードは Permission Profile 内に格納されます)。

図5.AnyDesk for macOS セキュリティ設定

図5.AnyDesk for macOS セキュリティ設定

そしてセキュリティ設定下のDiscoveryも、不用意にローカルネットワーク内のAnyDeskデバイスを不用意に検索したり・されたりしないよう、チェックを外しておきました。

実際にUbuntu 22.04から、無人アクセスを有効にした岡持ちMac Proをリモート操作してみました。

図6.無人アクセス有効のMac Proをリモート

図6.無人アクセス有効のMac Proをリモート

RustDeskはランデブーサーバの不安定なことが多く、リモート接続を確立しにくいので、これからはAnyDeskへ乗り換えようと思います。

 

created by Rinker
¥1,861 (2024/05/19 15:43:10時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA